武庫川女子大学でDCファシリテーション体験セミナーを開催しました

令和4年7月2日(土)武庫川女子大学生活美学研究所・音楽学部共催「ドラムサークル・ファシリテーション体験セミナー」が開催されました。


コロナ禍で初めての公開講座として当初お声掛けいただきましたが、感染拡大の影響が続いていることもあり、学内告知に限定し定員も40人以下と定めての開催となりました。

会場は、同大学学術研究交流館の1階にある日本庭園を望むホール。35度を超える酷暑の中、窓から見える竹などの緑が風にそよぎ気持ちの良い環境の中セミナーを行いました。


受講生は音楽療法士を目指している同大学学生と卒業生他で、スタッフ以外はドラムサークル自体が初体験でしたが、日ごろから音楽を用いて人々の役に立ちたいと学んでいる方々なので、セミナーの導入から小グループでのエクササイズまで、「人とつながるための大切なものは何なのか」を理解し、積極的に練習に励んでいました。講義時間は3時間余りでしたがあっという間に感じるほど皆さん熱心に受講されていました。


また、関西で長年活躍されているDCファシリテーターのサポート参加により基本だけでなく実践的なデモンストレーションも行われ、学生たちにとっては貴重な体験となりました。


©VMCグローバルジャパン すべての写真の無断借用は固くお断りします。