<世界のDCFとつながろう!> 来期に向けて新たな試み「世界のDC事情」フィリピンからソル・バウティスタが登場します!

更新日:6月28日

来期5周年を迎えるあたり、新たなWEBクラスを開催します。

【内容概要】

<世界のDCFとつながろう!>では、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界中のDCFがさまざまな講座を開いてきました。

「世界のDC事情」では、DCの日常的な悩みは日本と同じ?それとも違いがある?

DC普及の背景は?どんな現場でDCを展開しているの?最大のフェスティバルで開催?それとも医療現場で?など、いろいろな国、都市などで独自に発展しているDCの現場やDC開拓の成功談失敗談などを写真や動画で紹介しながらお話していただきます。また、直接質問できるコーナーも設けます。

進行役は、長年世界のDCFたちと交流し、プレゼンターとは友人関係でもある横田友子が担当します。


【プロフィール】(翻訳までしばらくお待ちください。)  ソリンダ・バウティスタ

長年の技術経営者、音楽療法士。

ドラムサークルファシリテーター、ヘルスリズムス、リズム2リカバリー、ソーシャル・エモーショナル・アーツ・ファシリテーター。

講演者、コンサートピアニスト、適応的ピアノレッスン講師、音楽コーチ、自閉症・認知症の支援者


自閉症で創造的思考の持ち主である息子を育ててきた28年間と、マニラ、シカゴ、ニューヨーク、香港、日本で28年間、グローバル企業2社の技術リーダーとして活躍。音楽療法修士号を取得したばかりのソリンダは、フィリピンで音楽を癒し、健康、幸福のために活用する最前線にいる。音楽療法、グループ・ドラム演奏、ソーシャル・エモーショナル・アーツから、適応的ピアノレッスンの指導、コーチング、コンサートなどの様々な活動を通して、あらゆる年齢層、能力、地域社会、企業チームを支援しています。

ドラムサークルファシリテーションギルドのメンバーであり、VMCドラムサークルファシリテーション、REMO社ヘルスリズム、リズム2リカバリー、UCLArts and Healingのトレーニングを受け、臨床、企業、コミュニティで、COVID-19が流行する以前の2年半の間に、2,300人以上の人々にドラムの体験を提供しました。パンデミック期間中は、2020世界音楽療法大会をはじめとする医学、音楽、学術の各学術大会で研究発表を行い、7,900人以上の人々に講演を行った。また、セントポール大学マニラ校の大学院の教員に就任した。

ソリンダは、クラシックの垣根を越えたピアニスト、CPA理事の最高位。金融業界の元情報技術担当副社長。自閉症と認知症の人の熱烈な支持者であり、毎年開催される自閉症のための募金活動では音楽監督を務める。自閉症についての本も共同著書で出版している。



会員:無料 一般:1,000円 一般学生:500円  ※会員は、後ほど録画動画を見ることができます。

受講資格:初めての方から経験者までどなたでも参加できます。

ライブ参加申し込みはこちらから https://forms.gle/c1nqsufYjrdWQx9x8

会員になりたい方はこちらから https://www.vmcglobaljp.com/member

©VMCグローバルジャパン すべての写真の無断借用は固くお断りします。