『3日間ドラムサークル・ファシリテーターズ・ベーシック研修』札幌レポート

2022年10月8-10日(土-月・祝) 札幌で初めての「ドラムサークル・ファシリテーターズ・ベーシック研修」が開催されました。

当VMCグローバルジャパンでは、法人設立当初から東京・名古屋など中央都市部での研修開催だけでなく、当法人講師陣が日本各地に出向く事で、研修生の旅費交通費などの費用負担を軽減し、参加の門戸をできるだけオープンにすることを目指してきました。この度、その第1弾として札幌でベーシック研修を開催しました。VMCグローバルジャパンでは創設以来、海外講師招聘による研修は従来通り寝食を共にする研修スタイルを取っていましたが、3日間ベーシック研修はもっと気軽に参加できるよう、通いでも参加できるスケジュールに見直しました。また、ベーシック研修は、これまで年明けに開催していましたが、天候の影響を受けにくい10月に時期を早めて開催することとなりました。

北海道には、VMC研修を受講し積極的にドラムサークル・イベント活動をしている多くのDCファシリテーターがいらっしゃいます。そのため今回、初めてDCファシリテーションを学ぶ参加者はわずか3名にとどまりましたが、50ページにわたる日本語テキストを使用しての学習は、ほぼ全員にとって初めての経験でした。基礎をもう一度日本語で学び直すことで、経験を積んだDCファシリテーターであってもより一層深くDCファシリテーションについて考え、それを実践した濃厚な研修の3日間となりました。

今回は地方での開催ということもあり全参加人数は17名とグループの規模は小さく、体験を伴うプログラムでは学習に困難を伴うこともありましたが、エクササイズを実践するチャンスが数多くあり、濃厚な関係性の構築を目指したトレーニングが可能であったことなどは、少人数での開催であるからこそ得られる大きな利点となりました。 


新型コロナ感染の影響も下火となりましたが、最終日のコミュニティ・ドラムサークルは、参加者を受講生の友人知人に留め小規模での開催とし、アットホームな雰囲気で絶えず笑い溢れるドラムサークルとなりました。

地方開催ならではのメリットは、エントレイメント(同調)の早さかもしれません。早い段階で一体感ある研修となり、3日間で20時間の研修は体力的に厳しいにも拘らず、いつもの研修よりどことなくゆるやかな時間が流れているようでした。


リピーターの受講生と共にトレーナー自らも、自分のセフティーゾーンに留まらず、自分の限界に挑戦することで「失敗は学びの瞬間である」というVMCコンセプトを体現化し、「学び方を学ぶ」というVMCの研修の基本を共に作り上げることができた点も今回のメリットだったのではないでしょうか。


最後に、VMCグローバルジャパンのコミュニティの一員になった受講生の皆様、3日間ありがとうございました。3日間の緊張や失敗、それに負けない笑顔を胸にとどめ、「今ここ(インザモーメント)ミュージック」の素晴らしさを「スピリットを分かち合おう(Share your sprit.)」の精神でご自分のコミュニティに広める活動を1,2はじめしょう! そして、オンラインでの講座や実地研修など、またどこかで再会し、共に学ぶことのできる日を楽しみにしています。

(※マスクなしの写真は、会話をしない条件でその一瞬マスクを外して撮影しました。)


ベーシック研修トレーナー:横田友子


©VMCグローバルジャパン すべての写真の無断借用は固くお断りします。